UNESCO-werelderfgoed Van Nelle Fabriek
ons mailadres | info@vannellewerelderfgoed.nl
INFO Japanese

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(UNESCO/ERO)

 

ファンネレ工場

ロッテルダム北西の工場地帯に1920年代に建設された、複数の工場からなる建築物。鉄とガラスを多用し、柱で荷重を支えるカーテン・ウォール構造の原則を貫いている。屋内は用途に応じて自由に使用でき、採光性が高く、日光が快適な労働環境を作り出す“理想的な工場”と考えられてきた。新しい形の工場として、20世紀前半における近代主義・機能主義の象徴とされた。また、コーヒー、紅茶など熱帯地域の国々からの食品輸入や加工を通じ、ヨーロッパ市場でのオランダの商業および産業の発展の歴史を証明している。

 

 

 

^
UA-70918004-1